BLOG

ブログ・お知らせ

品詞分解

品詞分解

みなさん、品詞分解を覚えていますか。
中高生のみなさんは、当然覚えていますよね。

品詞というのは、言葉の分類です。
名詞、形容詞、動詞、助詞、、、など



今回は英語に焦点を当てて、書いていきます。

英語の文章における基本は、

主語+動詞 です。

これは英語学習者であれば、ほとんどの人は理解していることと思います。



ここから少し高校英語の内容に触れています。
不必要な方は、少し読み飛ばしてください。


英語の文章における基本を、
高校英語の視点で考えると、

第1文型 S V (M)

第2文型 S V C (M)

第3文型 S V O (M)

第4文型 S V O O (M)

第5文型 S V O C (M)

S:主語、V:動詞、C:補語
O:目的語、M:修飾語(句)

これら5つしかありません。



例えば、次の英文を見てください。

He made a mistake in a report public.

これはどんな意味の英文でしょうか。

①彼はレポートで公に間違いを作った。
②彼は公の報告書で間違いを犯した。
③彼は報告書での間違いを公にした。








正解は③です。

では、続いて、単語ごとに、品詞を考えていきます。
みなさんも考えてみてください。

He made a mistake in a report public.





He:代名詞、
made:動詞、
a:冠詞、
mistake:名詞
in:前置詞、
report:名詞、
public:形容詞

このようになります。
さらに、先程の文型に当てはめると、

He:S
made:V
a mistake:O
in a report:M
public:C

となります。



品詞分解の利点

英語におけるルールは様々です。
ルールに基づいて品詞分解をする利点は、

・文の構造を理解できる
 → 意味を理解できるようになる
・副詞や形容詞の働きを理解できるようになる
 → 文章の意味を感覚ではなく、理論的に理解できるようになる

英語では、大抵の場合、動詞が主語のあとにあったり、
副詞が動詞の前にあったり、
様々なことが見えてきます。



国語でも同様のことを行うと、
文章に書いてある内容が理解できるようになります。



ここで、英語を学習する上で取り組んでほしいのは
「新しい単語を調べるときに、品詞も確認すること」です。

今、担当させていただいている生徒(高校生)には、
これを徹底して教えています。

これができないと、自分のレベルより難易度の高い英文に取り組んだときに、
単語はわかっているけど意味が読み取れない
といったことが起こり得ます。

これをしっかりマスターして使いこなせるようになったとき、
英文法への理解ははるかに伸びています。

また、国語の品詞分解でも同じようにできるはずなので、
国語の成績アップにもつながります。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入塾をご検討の方は
「LINE@秋山塾東新潟校」に登録をお願いいたします。

友だち追加


 

ブログを書いた人
新潟校 教室長 渡辺 利明
秋山塾 新潟校 教室長の渡辺です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE