BLOG

ブログ・お知らせ

上進連VS定期テスト

春日山校教室長の野澤です!

 

上越市の中学校の多くで

2学期期末テストまで3週間を切りました

 

3年生にとっては

来週に控える

第三回上進連テスト

その翌週の

定期テスト

 

どちらの対策もしないといけない

かなりハードなテスト期間です

 

 

どっちの対策をメインでやるべき??

 

どちらもとても重要なテスト

どちらを優先すべきか・・・

 

・絶対に定期テスト!!

・絶対に上進連!!

 

と断言することは・・・

正直、できません

 

本当はどちらも十分に対策する

これがベストアンサーではありますが

 

「どっちも中途半端になりそう・・・」

という不安の声があるのも事実

 

春日山校では

生徒の現状目標の高校

受験に向けた勉強を始めた時期

その他諸々

を踏まえてメインとする対策を変えています

 

その一例を紹介しますので

参考にしていただければと思います

 

 

上進連:定期テスト=9:1

 

高田高校を目指すAさん

普段から復習を心がけているおかげか

定期テストの心配はほとんどありません

 

一方、上進連テストでは

思うような点数を取れていない・・・

 

Aさんとは

テスト対策は自分で

上進連対策を塾で

と、かなり割り切った対策をしています

 

定期テストでは90点以上が取れていても

上進連になると50点、60点

なんてことはよくあることです

 

上進連テストや高校入試の対策をしていると

多くの難問が立ちはだかります

 

この難問たちは

自力での解決が難しい!

 

「解説を読んでも何言ってるかわからない」

なんてこともざらにあります

 

だからこそ塾を活用して

難しい問題にたくさんチャレンジしています

 

その中で忘れている知識があれば

その都度確認・復習する

 

また、上進連テストでは

次のテスト範囲の単元

が、範囲になっているので

 

例えば数学なら

二次関数の利用問題

 

これを入試レベルまで理解することで

定期テストレベルの問題は大抵解けるようになっていきます

 

 

上進連:定期テスト=5:5

 

定期テストの対策と上進連の対策を

ほぼ半々で進めているS君

 

上進連テストでの目標点は平均点くらい

 

とはいっても

まだまだ1、2年生の復習を

しっかりとやらなけれないけないS君

 

基礎を固めないと

・利用問題の計算はできないし

・長文を読めるようにもならない

そのことをしっかりと理解してくれています

 

まずは学校で習ったことを確認

その中で

・覚え直しが必要なこと

・しっかり復習しないといけないこと

・理解していないと次に進めないこと

弱点が色々と見つかります

 

見つかった弱点を

1つ1つ復習して理解していく

 

簡単なことではありますが

できている人は驚くほど少ないです

 

自分の弱点と向き合うことって誰もが苦手です

 

苦手な相手とわかっているのに

戦わないといけないわけですから・・・

 

だからこそ

真っ正面から突っ込むわけじゃなく

いろんな角度から相手をみて

前、うまくいかなかったのなら

今度は違う方向から攻めてみる

 

そんな戦い方を伝えるのも私たちの役目です

 

 

最後に

 

完全に上進連テスト対策(ハイレベル問題)に振り切ったAさん

テスト対策と上進連対策(復習)を並行するB君

 

対極のようですが

自分が目標を達成するため、最善の努力をしていることは同じです

 

ひたすらに基礎問題を解き続けるよりも

無謀に難問を解くよりも

 

自分がやるべきことを地に足つけてやる

 

これが正しい努力だと

野澤は思います!

 

ブログを書いた人
春日山校 教室長 野澤 和志
秋山塾 新潟校 教室長の野澤です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE