BLOG

ブログ・お知らせ

勉強の意義

こんばんは。

教室長の渡辺です。

本格的に冬入りしそうな勢いで

昨日は思わずヒートテックを着ていた渡辺です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
新規開校キャンペーン実施中!
↑記事はこちら↑
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

前回、勉強とは選択肢を広げること

という趣旨で文章を書きましたが、

その続きになります。

 

 

次の文章は

太宰治の『正義と微笑』の一節です。

この文章の中に、

なぜ勉強をするのか、

その答えの1つが隠されていると感じました。

その一節をご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勉強というものは、いいものだ。
代数や幾何の勉強が、学校を卒業してしまえば、
もう何の役にも立たないものだと思っている人もあるようだが、
大間違いだ。
植物でも、動物でも、物理でも化学でも、
時間のゆるす限り勉強して置かなければならん。
日常の生活に直接役に立たないような勉強こそ、
将来、君たちの人格を完成させるのだ。
何も自分の知識を誇る必要はない。
勉強して、それから、けろりと忘れてもいいんだ。
覚えるということが大事なのではなくて、
大事なのは、カルチベートされるということなんだ。
カルチュアというのは、
公式や単語をたくさん暗記していることでなくて、
心を広く持つという事なんだ。
つまり、愛するという事を知る事だ。
学生時代に不勉強だった人は、
社会に出てからも、かならずむごいエゴイストだ。
学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
けれども、全部忘れてしまっても、
その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。
これだ。これが貴いのだ。
勉強しなければいかん。
そうして、その学問を、
生活に無理に直接に役立てようとあせってはいかん。
ゆったりと、真にカルチベートされた人間になれ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この一節は、現代においても通じる一節ではないでしょうか。

勉強なんて全部忘れてもいい

この言葉が印象的で、

そして、

心を広く持つこと

という言葉も重要ではないかと感じます。

 

 

学校に行かなければ体験できないことも

世の中にたくさんあるかと思います。

逆もまた然りではありますが、

古典などは、その典型例ではないでしょうか。

もちろん、文学の研究者にとっては

そうではないかもしれません。

 

 

全ての科目が、全ての過程が、

そして今、手元に残っているものが、

今の自分自身を作り上げている、

そんな一節でした。

 

 

みなさんはどのように感じましたか。

 

 

 

秋山塾 東新潟校 教室長

渡辺利明

 

ブログを書いた人
新潟校 教室長 渡辺 利明
秋山塾 新潟校 教室長の渡辺です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE