BLOG

ブログ・お知らせ

【新宿校教室長】増田物語③〜絶望そして希望〜

秋山塾新宿校 教室長の増田雄司です。
第3回は私の変化についてです。

絶望

学生の頃には児童館のボランティア。
前職でジュニアスイミングのコーチに加え、地域の少年野球チームで指導もしていたので

子どもとの関わり方には絶対的な自信がありました。
 
しかし、秋山塾の塾長と出会い、
教育業は“楽しい”だけではダメだということを再認識させられました。
 
今までも
真剣に向き合い、考えていたつもりではありましたが認識が甘かったのです。
  
座学研修、指導実践を通して
自分の教科知識の乏しさ、指導技術の未熟さを痛感しました。
 
塾業は言ってしまえば、
子どもの人生を左右します。大げさかもしれないですが。
  
このままではこれから出会う子に失礼だと感じ、
気持ちを入れ替え 、本気で取り組むことにしました。

決意を固めた後は一切の甘えを捨て

毎日、
 
「1日8時間の勉強」
「6時間の指導実践」
「2時間の指導反省」 
 
 を研修終了まで続けていきました。

この果てしない毎日。
教育業に身を捧げると誓った増田は変わることができたのでしょうか…

希望

「1日8時間の勉強」
「6時間の指導実践」
「2時間の指導反省」 
を毎日続けました。
 
これに加え、寝る前も自分の中で指導反省を行い
自分なりに考え、工夫を何度も何度も重ねた結果なのか
 
生徒に変化が。
  
正直なところ
 
最初の頃は
 
「話してて楽しいよねー」
「先生おもしろいよね!」
  
とだけ言われていました。
(先生としてはあまりよろしくはない…笑)
 
しかし日を重ねるごとに
「勉強が分かって楽しい!」
「もっと教えてよ!」
と言われるように。
 
ただ楽しいとは全然違う
 
喜びを感じた瞬間でもありました。
  
自分が学び、成長する事が
生徒へプレゼントできる価値の大きさだと学んだのです。
 
このような出来事もあり、
この業界でとことん、教育業を追求したいと思い
1人でも多くの子の人生を好転させるサポートをしていきたいと心に決めました。

増田物語①はこちら。
増田物語②はこちら。
増田物語④に続きます。

ブログを書いた人
新宿校 教室長 増田 雄司
秋山塾 新宿校 教室長の増田です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE