BLOG

ブログ・お知らせ

よし、学習塾をやろう

「学習塾をやろう!」

 

そう考えた理由は

自分がやりたい教育は、公教育の現場じゃできない

 それだけでした。

 

人生を変えた教育実習

 

俺は教員になる!

と、心を弾ませながら向かった教育実習

 

担当の先生からの最初の一言

「仕事の8割は雑務だよ」

 

24歳の私は思いました。

大変さアピールのために、盛ってるんだろ?

 

しかし、その言葉は現実で、

授業の準備をする時間はほとんどない

生徒の様子はしっかり見れない

教え方にはすごく制限がある

 

3週間の教育実習が終わった後

私は叫びました。

 

俺は教員になりたくない!

 

学習塾をやりたい!

 

教員になる気を失っていた私は

 

塾なら、指導要領に縛られない!

生徒に合わせた指導ができるはず!!

 

と安直に考え、大手学習塾に片っ端から電話。

その結果、家庭教師でお世話になった人から

「野澤くん、今度できる◯◯教室で教室長やらない?」

と、連絡が。

 

あとは簡単な面接をして、就職活動も終わり!

なんて考えていたある日。

 

FaceBookで流れてきた記事

少し前なら読み飛ばしていた記事

 

 

”理想の教育の実現を目指し、志のある塾を創る”
【学習塾の運営スタッフ(教室長候補)募集のお知らせ】

 

 

こんな記事が目に飛び込んできました。

読み進めると、この秋山塾長は

 

・教育実習で違和感を感じて塾を始めた

・「個」に合わせた教育で、子供の可能性を爆発させる

 

同じきっかけで塾を始める人はやっぱりいるんだなぁ

 

糸魚川市の個人塾

 

!?!?!?

 

多くの方にはあまり聞き馴染みがない地名だと思います。

ですが、私はこの場所をよく知っていました。

 

私が育った町、それが糸魚川市なのです。

 

 

秋山塾長が塾を始めたきっかけと

自分が塾をやろうと思ったきっかけが同じ

しかも、それが地元なんて!

 

教室長の話にはお断りを入れ

「秋山塾」

に即連絡。

 

即断・即決・即行動なタイプなので

後先は考えていませんでした。

 

数ヶ月後、熱い想いが伝わって秋山塾での講師生活が始まりました。

 

秋山塾での1年間、3年目の第1歩

 

秋山塾は生徒数200人

地元では最大規模の塾です。

 

規模だけでなく

定期テスト450点は当たり前、学年1位を何人も輩出する。

そんな塾です。

 

生徒の成長を間近に感じることができる。

生徒の個性を伸ばすことができる。

 

塾講師を職業に決めてよかった。

 

なんて考えながら2年が過ぎる間に

 

新しい教室を開校したり

その教室で教室長を務めたり

秋山塾に高校部ができたり

開校した教室が糸魚川大火で全焼したり

 

様々なことがありました。

 

 

そして、学習塾をやりたいと考えてから3年

 

2018年9月、上越市で独立をしました!

 

独立といっても「野澤塾」とかではなく

 

「秋山塾 春日山校」

 

として。

 

秋山塾長の理念を受け継ぎ

上越市でも広げていきたい!という思いからです。

 

 

このブログも

勉強のことで悩んでいる子どもたち

子どもの勉強のことで悩んでいる親御さん

に少しでも力になれば!

と書いていきます。

ブログを書いた人
春日山校 教室長 野澤 和志
秋山塾 新潟校 教室長の野澤です!
ブログ記事一覧に戻る
MENU CLOSE